汚れが目立たない車の色は本当にシルバーか?(グレー系もOK!)

汚れが目立たない車の色は本当にシルバーか?(グレー系もOK!)

先日、帰省から帰ってきましたが、

いやあ、やってしまいましたよ、ショッキングな出来事。笑

まあ、その話はまた次の機会に書くとしてまして。。。

さほど渋滞に巻き込まれなかったのは幸いでした。

しかし、このお盆休みで1000kmくらいは走ったでしょうか。

ホイールもボディもずいぶん汚れた印象。

なので帰省後に、かーなーりー、久々に洗車をしました。

というのも、今回Q2、A3に入れ替えて、ほとんど洗車をしてなかったんですよねー。苦笑

 


汚れの目立たない色の代表はシルバー?

今回の車選びにおきまして、まず考えたのが、

「キズや汚れが目立たない色にしよう」ってことでした。

となると、真っ先に頭に浮かんだのは「シルバー」でした。

そういえば、妻と一緒になった当初に妻がシルバーの車に乗っていて、

理由が「汚れが目立たないから」とのことでしたね。

 

あと、昔に代車で借りたTTのシルバー(↑)は格好良かったですねー。

シルバーでもいろんな種類があるみたいですけどね。

でも、今回購入したのはA3、Q2ともに限定車ですから、

シルバーはありませんでした。

そこで今回はグレー系のボディ色に着目したわけです。

 

白と黒は汚れが目立つが黒の方がマシ

 

ところで、今までボディカラーは白の車の方が圧倒的に多かったのですが、

3度ほど黒の車にも乗りました。

それはアウディQ7とTT、シトロエンC4ピカソでした。

 

でも、思うに白も黒も非常に汚れが目立ちます。

どちらもけっこう頻繁に洗車をしないと、残念な感じになります。

とくに白はその残念さが顕著でしたねー。(苦笑)

前車のTTも、写真でも汚れが結構わかるレベルです。

普通は写真だと、汚れってあまり写らないんですけどね。

一方で黒は、確かに汚れは目立つのですが、

どことなくワイルドに見えるというか(笑)

「汚れても、まあ、許せるかな」と言う感じがするのです。

 

なので、汚れという観点では、白と黒なら黒の方が良いかなと思います。

あくまでも個人の見解、感想ですけどね。

 


グレー系は意外に汚れが目立たない

さて、白や黒の車は「汚れが目立つ」という実感を経て、

今回はグレー系を選択しました。

グレー系はシルバーに比較的色が近いですから、

やっぱり汚れが目立たないのではないか?

と期待してましたが、狙いは的中しました。

この写真のとおり、実際、本当に汚れがあまり目立ちません。

なので、洗車の回数がグググン!っと減りました。

下の写真も、かなり汚れている部分を写したのですが、

これを見ただけではわからないと思います。(写り込みは汚れではありません)

そしてこちらが洗車後です。

こうして比べると光沢が復活しているのがわかります。

でも2枚並べて比べないとわからないですよね。

ていうかむしろ、ボディよりもホイールの汚れが顕著ですよね。。。

ホイールのピカピカ具合の方が目立ちます。

 

濃いグレーでもあまり目立たないが・・・

一方で、Q2のグレーよりも濃いA3の方はどうか。

Q2はクワンタムグレーですが、A3はデイトナグレーです。

デイトナグレーの方が、濃いグレーなのと、若干青っぽいかな?って感じです。

で、汚れはどうかというと、やっぱりQ2より目立ちますが、

とはいえ、全体としてはそんなに目立ちません。

先日、急なスコールで泥水を随分とかぶりましたが、

このとおり、さほど汚れは目立っておりません。

こちらはA3のルーフ部分の汚れです。

こうして見ると少々目立ちますが、光の加減もあるかもね。笑

 


結論:面倒だけど洗車しましょう(笑)

思うに、ボディが汚れると「光沢が無くなった」ように見えるのですが、

光沢の無くなった白っていうのは、

黒やグレーが光沢が無くなるよりも、

残念感が大きいのかな?、、、と思います。

なので頻繁に洗車したくなるのかもしれません。

 

はい、こちら、洗車後のA3とQ2ですー♪

僕は洗車が嫌いではないので問題ないんですが、

でも、まさかグレー系の車は、こんなに洗車しなくてもOKだなんて思ってもみませんでしたねー。

これなら次もグレー系かシルバー系にしようかなって思っちゃいますね。

うん、やっぱり、シルバーメタリックがいいなぁ。

でも基本は洗車ですよねー。

汚れが目立たないといっても、洗車した後の光沢感というか、

周りの風景が写り込む感じは何とも言えないほど素敵ですからねー。

 

というわけで、汚れの目立つ色はなにか?って話でした。

ご参考になれば幸いです。