車間距離の感覚の違いからトラブルが生まれる?

車間距離の感覚の違いからトラブルが生まれる?

前回、煽り運転について書いたんですが。

この問題は他人事でなく、非常に身近ですよねー。

 

あおり運転が無くならない理由

高速道路だけでなく、一般道でも普通に日常的にあります。

でも、逆に考えると、これだけ日常的によくあるのは「おかしい」のではないかと。

けっこうな割合で相手側は「自分が煽り運転をしている」という自覚がないのではないか?

と思うのです。

自分も、ふと気が付くと前の車とかなり接近していることがありますからね。

 


煽られたという誤解と被害妄想

例えば、お盆休みとかだと道路は混みがちです。

渋滞してないまでも、70~80キロでゆっくり流れている場合もあります。

そういう時って、車間がかなり詰まったまま流れますから、

普段の高速道路の車間距離と比較すると、かなり近く感じます。

こういう時って、後ろも車間を詰めてきているから、

自分もある程度は前の車に近くても仕方ないという思いになります。

つまり、みんながそう思っているのですが、一部の人はそこで頭にきて、

「煽られた!煽りかえしてやる!」ってなっちゃう場合もあるのかもしれません。

 

いや、もしかしたら全員が「後の車、煽りやがって!」って思ってるかもしれません。笑

まあとにかく、適度な車間をあけることは必要です。

混んでる時に、どんだけ煽っても前の車はどいてくれません。

 

隣の車を気にして前の車を煽っちゃうパターン

このような車の混みあった時期は要注意です。

場合によっては、狭い車間に車線変更してくる車もありますし、

さらに車間距離が狭まります。

 

しかし、そこで誰かがスピードを緩めて車間を保つように前後を開ければよいのですが、

そこで車間を開けると隣の車線から前に入られてしまうので、

敢えて狭く保ったままにする人っていますよね。

いろんな組み合わせで、煽った煽られたの誤解が生まれて、

無用なトラブルが生まれるのでしょうね。

 


車間距離の感覚はお互いに異なる

でも、そもそも車間距離の感覚って個人によって違いますよね。

そこも問題だと思います。

 

例えば、普通のドライバーよりも、少しだけ車間距離の感覚が狭い人がいたとします。

その一方で、バックミラーから見える後続車との距離を、普通の人よりも近く感じてしまう人がいたとします。

その2台が前後に走ったら、ほぼ確実に前を走っている人は煽り運転をされたと思うでしょう。

でも、後ろを走っている人は、まったくその意識がないのです。

例えば、僕は割と車間距離を開ける方だと思っています。

なので、後ろから来る車をバックミラーで見る時には、

割と「近いな」と感じることが多いです。

なので、なるべく「あ、オレ、煽られている!」と安易に思わないように注意しています。

 

でも、さすがに後続車のヘッドライトがバックミラーから見えないレベルだと、

それはもう相当距離が近いということなので、8割がた煽られてるんじゃないかと。。。

さらに後ろで蛇行運転をしようものなら100%煽られてますけどねー。

 

「車間距離を無駄に開けるな」と教えられたけど

とはいえ、、、

「うーん、明らかに近いぞ!」

そう思っても、まだ煽り運転とは限らない場合もあると思うのです。

 

自動車教習所で車間距離について、皆さんは、どのように教わりましたか?

自分では安全な距離を保っているつもりでも、

教官から「車間距離を開けすぎてますよ」と注意されたことはないでしょうか?

 

自分の場合は「車間距離は開けすぎない方がいい」と教えられた印象が強く残ってます。

 

ていうか、教官によって教え方って割と異なりますよねー。

教習所に通っていた頃、最初の頃にちょいちょい担当になった「おじいさん教官」に、

かなり頻繁に、「車間距離が短い」ってブレーキを踏まれたので、

なるべく空けるようにしていたんです。

 

 

そしたら、最後の方でよく当たるようになった教官から

「車間距離はあまり開けない方が良い」

とちょいちょい言われるようになったという経緯でして、

なんとも感覚がつかめなかったんですよね。

 


車間距離の目安 = (時速 - 15 )m

それに「車間距離は◎◎m開けましょう」って単位で示されてもなかなかピンときませんよね。

ところで、車間距離って目安があるんですよ。

それは、車の速さ(時速)から15を引いた数値です。

 

例えば、一般道でよくある時速40キロ制限であれば、

40 - 15 = 25m

適正な車間距離の目安は25mなのです。

車の全長が4~5mとして、だいたい車5,6台分です。

これ、驚きませんか、けっこうな距離ですよね?

高速道路だったら、もっと長い距離を開けなければなりません。。。

正直、自分はここまで車間を開けてないですね。

 

 

この感覚のギャップは、前述の教習所の教官の指導の差によっても変わるでしょうし、

車間距離の目安を守っている人によっても違うでしょうし、

間違いなく「人それぞれ」違う可能性あるよなあって思うのです。

であれば、知らずに煽ってしまうようなこともあるでしょうし、

そういった「単なる個人の感覚の差」という理由で、

無用な誤解が生じてトラブルに発展するのってバカバカしいですよね。

 

なるべく、車間距離をあけて、なるべく、後ろから煽ってくるように感じる車を気にしない。

追い越し車線はルール通り、追い越すときだけ使うか、なるべく利用しない。

そして、ドライブレコーダを装着、これが一番かなと思います