外車は嫌味なのか?自慢なのか?笑

外車は嫌味なのか?自慢なのか?笑

ところで、読者の方の中にはご存知の方もいらっしゃると思うのですが、

僕はこの「車(アウディ)ブログ」以外にも「家ブログ」を書いています。

 

WEB内覧会

こういうブログって、実際に家を買ったり、車を買ったりする人が、

参考のつもりで見るものだと思っています。

 

でも、家も車も買う予定のない人が見るとどう思うんだろうって、

ちょっと考えてみたんです。

例えば、良い家や良い車に乗ることを「自慢しやがって!」と思う人もいるだろうし、

イヤミだと思われることもあるだろうなと思ったのです。

これは「自慢ブログ」じゃないですってことを今日は言いたいです。

 


「外車に乗ると落ちぶれる」という人が多過ぎる件

僕がアウディを買う時は、そりゃもう、ビクビクしてましたね。

「ついに買っちゃった」感がすごかったです。

当時は、変に自意識過剰になったものです。笑

 

田舎で外車は、やっぱ目立つ・・・

でも初めてのことなので、意識しちゃいますよね。

なので、その時くらいから「外車」「輸入車」に乗ることについてネットであれこれ調べたりもしてました。

すると、やっぱり「外車=イヤミ」という記事がたまにあるんですよねー。汗

 

で、一番グサっときたのは、僕が購読してるお気に入りのブログで、

「ビジネスがうまくいくと急に外車に乗り出して贅沢をする人がいるけど、そういう人はほとんど落ちぶれていきます」

みたいなことが書いてあったんですよね。。。苦笑

 

「まじか!!」

と思いつつも、このフレーズってビジネス系の意識高い系界隈では、よく耳にしますよね。。。

もちろん、言いたいことはわかるんですけど、それ以前に「価値観の問題だ」って思うのですけどね。。。

だって、良い車に乗るのが目的でビジネスを頑張る人は、当然、そうするでしょ?

 

ちなみに外車に乗ったら落ちぶれたって人を、周りに一人も見たことがないけどね。。。

なので、ちょっと「やっかみ」が入ってるのかなって思っちゃうんですよね。

 

もうツイッターでアウディのことつぶやけないし(苦笑)

この前もツイッターでフォロワーさんが、こう書いてました。

「お金が手に入ると急に外車に乗ったりする人は、お金がたまりません、お金を貯めようと思ったら使わないことです」

これね、僕がアウディTTのツイートをした直後のツイートだったんですよー。笑

「まあ、偶然だよね」って思いましたけどね。。。

もちろん、お金は必要以上に貯めようと思ってませんが…。

そして同じくTTのツイートをした直後に、別のフォロワーさんが、

「車のブランドなんて意味がない、自動運転が主流になればブランドなんて価値がなくなる。」

と書いてまして、ちょっともう、さすがに今後アウディのツイートするのやめようかな?って思いましたね。笑

 

ま、もちろん、彼らはフォロワーさんとはいえ、僕のツイートなんて見てないでしょうけどね。

うん、そう信じていますよ、あははー。泣

 


自慢しているように見えるんだと思う・・・

あと、これは全く別の人で、フォロワーさんでもない人のツイートなんですけどね。

一般論として「自慢する人」のことを批判していました。

 

「自慢をツイートするのはやめましょう、常に自慢ばかりする人の心理は、

自慢していないと自分を維持できないところから来ているのです。」

 

なるほど、確かに自慢話って、ウザイし、聞くのも面倒くさいですよね。

そう言いたい気持ちもわかりますが、

でも、自慢のツイートくらい許してあげなよって思うんですけど、どうでしょうか?

読まなきゃいいですしね。

 

そもそも、僕の車ブログも家ブログも自慢話のつもりはまったくないんですが、

まあそれは読者の人が一番よくわかっているかと思うんですが、

でも、自慢話だととらえる人がいても、おかしくないなとは思います。

 

とくに、こうして写真をたくさんアップするのは、自慢でも何でもなくて、

そもそも車の好きな人って「車の写真が見たい」のですよ、ほんとに。

もちろん、ぼくもそうですから、見たい人の為に写真をたくさんアップしてるんですが、

「これ見よがしに写真をアップしやがって!」とか思う人がいるのも理解できます。苦笑

 

興味ないからこそ自慢に見えちゃう罠

でもね!!

 

一方で、妻が大好きなブランド物バッグって、僕は全然興味ないんですが、

そういうブランドバッグとかアップしてる女性のインスタなんか見ると、

「あ、自慢してるのかな?」って我ながら思っちゃう時があるんですよ。。。苦笑

 

つまり、自分の興味ないジャンルだからこそ、あまり写真を見たいと思ってないので、

「どうしてバッグの写真をバカスカアップしてるんだ?」「意味が分からないぞ?」って思っちゃうんです。

結果として、「なんだろう、自慢したいだけかな?」って思っちゃうんですよね。苦笑

 

このように、逆の立場になって初めてわかるのですが、

それが好きな人は実物=写真をいろんなアングルで見たいから、その人たちのためにアップしてるんです。

自慢じゃないんです。

 

これで謎が解けましたね、だからこそ、家や車を買おうと思ってない人からすると、

なんだか「自慢ブログ」に見えちゃうってのも、心理的にはもっともな話なのですよねー。

ある意味で、仕方ないんです。

 


他人をうらやむのと、妬ましく思うのは別のようだ

でも僕は、誰かが高級車に乗ったり、高いブランドモノを買ったり、

または高級店で料理を食べたりすることに対して嫌悪感は抱かないですけどね。

 

きっと、それに対して嫌悪感を抱く人だからこそ、

「自慢はやめましょう」

ってツイートしたくなるんだろうなって思うのです。

僕は以前にも書いた通り、子供のころは裕福でない家庭に育ちましたし、

20代にかけては、恐ろしくお金のない生活をしてきました。苦笑

なので、裕福な生活に憧れはありましたし、裕福な生活を羨ましいなと思ってました。

 

でも、うらやましいからって、それが「憎悪」に取って代わることはなかったですね。

金持ちへの根拠のない憎悪っていうんでしょうか。

子供のころからそうですが、そういうのはあまり無いんです。

まあ日本の昔話や童話とかで「金持ちは意地悪」って刷り込まれているので、少しは偏見ありましたけど。苦笑

 

あ、もちろん、裕福な家庭の子に「おまえの家、貧乏だな」とか言われたら腹が立ちますけどね。

 

車と見栄「貧乏人だと? くそ、見返してやる!」笑

 

それはさておき、子供時代の話をすれば、

実際、自慢話をする子は、嫌われたりイジメられたりしてましたね。

でも僕は別に、その子の自慢話が妬ましいとか、腹立たしい、嫌いだ、とは思いませんでした。

むしろ楽しく聞いてましたね。「いいなあ」って思いながら。笑

なので、そういう自慢する子をイジメる子の心理がわからなかったのです。

 

大人になっても同じでして、「うらやましいなあ」とは思えど、腹は立たないです。

でも、ツイッターなどを見てみると金持ちってだけで憎悪の対象になってたりしますよね。

(まあ、ツイッターは感情の掃き溜め的な部分もありますから仕方ありませんが…)

結局、「他人をうらやむな」と言いますが、「うらやましい」って自然な感情だし、

それがあるから頑張れるのだし、進歩や進化があるのだと思うのです。

 

でも、一方で、「うらやましい」が「ねたましい」になって「憎悪」になると話は別です。

もうそこには「争い」しか生まれませんよね。

相手を「うらやましい」と思っても、「うざい」「むかつく」になったら要注意かなって思うのです。

 

結論からすると、外車を「イヤミとか自慢だ」と思う人もいるでしょうし、ムカついている人も一部いるってことです。

でもそれは、ブランド物を持っても、高級店で食事しても同じ目に合うでしょうし、

結局それを気にしてたら、何もできなくなるんですよね。

自分の人生なのに。

なので気にしないのが一番ですし、なによりそこで相手の人間性が知れるので、

人との付き合い方の参考になったと思えば良いのかなって思いました。

 

PS:やっぱ車SNSはツイッターじゃなくて「みんから」だよね。。。退会して失敗したかなあ…。苦笑