ようこそ「アウディQ2」このサイズ感がイイネ!

ようこそ「アウディQ2」このサイズ感がイイネ!

前回、まもなくA3セダンが車検だよって話を書きました。

買い替えるか、車検を取るか、さあどうしましょう。

 

限定車って「お得」だと思うんだけどなあ

結論から言いますと、Q2に乗り替えました。

やっぱり決め手はQ2のサイズ感と乗りやすさですねー。

 


車庫入れが意外にしんどい・・

ところで我が家は新築なのですが、外構工事もそこそこ気合入れました。笑

いやあ、色々と考えたつもりだったんですが、車庫入れが割と大変。

狭くは無いんですが、広くはない。

家の前が、もう少し車の通りが少なければ、少しは入れやすくなるかなって感じ。

一見して、頭から入れて切り返して駐車できそうに見えるんですが、

想像していたよりも難しいという、そんな我が家の車庫。

 

カーポートが完成しました! 屋根がスチール製でも格好良いヨ!

これを考えると、アウディA4以上の車はキツイなと。。。

もちろん、後ろから入れれば何とかなるんですけど、通りの激しさもあるし・・・。

やっぱ、小さい車の方がいいよね。(年齢的なものもあるし。苦笑)

 

乗りやすさを考えるとQ2しかない!?

というわけで、A3セダンよりも小さいとなると、

A1か、TTか、A3スポーツバックか、Q2しかありません。

A1は前回書いた通り、春のデビューが延期となりましたし、

TT、A3スポーツバックは前回と同じですし、

であれば、残るはQ2しかないよねって感じですね。笑

しかし、Q2はシャシーのベースがA3とのこと。

とすると、そんなに小さくないんじゃないか、むしろ大きいんじゃないか?

と思いますよね?

でも、サイズは以下の通りです。

 

<アウディQ2>

全長 4,200 mm x 全幅 1,795 mm x 全高 1,530 mm

<アウディA3 スポーツバック>

全長 4,325 mm x 全幅 1,785 mm x 全高 1,435 mm

 

幅でこそ1センチだけQ2の方がワイドなんですが、

なんと、長さは10センチ以上もQ2の方が短いのです!

(前車のA3セダンと比べたら25センチ以上も短いです。)

それでいて全高が高くアイポイントが高いので「運転のしやすさ」はサイズからも一目瞭然です。

我が家の駐車場では、全長が短い方が駐車しやすいですから、

こりゃもうQ2を選ばない理由はありませんね。

 


さようならA3セダン!

あとは見た目ですね、ちょうど今のタイミングでQ2はブラックスタイリングという限定車が出てます。

これがまた格好良い!

乗りやすさも見た目も格好良いということで決定です!

というわけで、ついにQ2が納車となりました。

我が家のSUVはQ7、Q5以来です。

もともと僕はSUVが好きなので、Q2がやってきたのは嬉しいですね!

 

そして、アウディA3セダン、さようならです。

アウディ担当さんがA3セダンを回収していきます~。涙

 

アウディQ2(ブラックスタイル)ちょっとだけレビュー!

今回は、限定車です。そのせいもあるのかな?

乗った感じは、あれれ、以前に乗った代車のQ2とは異なるぞ!?

確実に乗り心地が良くなっております!

ちなみにこちらは前回の代車のQ2レビュー記事です。

 

代車でやってきた「AUDI Q2」 試乗レビュー!

まず乗ってすぐに思ったのは、非常になめらかです。

良い意味でエンジンブレーキが効いてない感じと言った方が良いでしょうか。

そのせいか、非常に軽やか=軽快な乗り心地に感じます。

あと、適度なカッチリ感としなやかさがあります。

代車の時はもう少し跳ねたような印象でしたが、今回はかなりしなやかです。

乗り心地に影響するとすれば、18インチのホイールでしょうか。

担当さんいわく

「限定車のホイールということでグレードが高いので軽量だと思います」

「軽量さが乗り心地に影響しているのだと思います」

とのことです。

なるほど、見た目も格好良いだけでなく、性能も高いということで大満足ですね!

 


現在「クワンタムグレー」はA4オールロードとQ2のみ!

次は見た目です。

個人的に何よりも、このボディカラー「クワンタムグレー」が非常に気に入っています!

このクワンタムグレーはA4オールロードに初登場したらしく、

Q2は2番目の採用らしいです。

なので、「この色のQ2は街で見かけることは少ないでしょう」とのことです。

グリルもブラックスタイリングバージョンなので、キリっとしまって見えます。

あ、ちなみに、流れるウインカーは後ろだけです。

ちなみに、ナンバーはオリンピック仕様にしました。

こちらです!

オリンピックナンバーというと、ナンバー全体がカラフルな放射線状のデザインもあるんですが、

この車には似合わないなあと思いましたので、ロゴだけのバージョンです。

ロゴだけだと、わりと格好良いと思います。

記念にもなりますし。笑

 

車内はA3よりもかなり広々感あり!

次は内装です。

Q2のブラックスタイリングパッケージは内装に特別装備はないのですが、

シートがQ2のSPORTと同じなので、非常に格好良いです。

 

あと、中央のナビゲーションのモニタがA3よりも大きいです。

いや、これ、かなり大きいので、非常に見やすくて良いですね!

また、車の全高が10センチ高いので、天井が広々しています。

家と同じで天井が高いと、空間全体が広々した印象になりますね。

後部座席も全長が短い割にはゆとりがあります。

とはいえ、下の写真のように助手席をぐんと後ろに下げるとさすがに狭いですけどね。汗

まあ、実際には運転席の後ろの座席くらいのスペースが空きますからゆったりです。

荷物も問題なく載せられます。

オートテールゲートなのでラクチンです。

 


Q2のサイズ感、車庫入れはどうか?

さて、注目の車庫入れですが、Q2のサイズ感でどう変化があったか?

もともと自分は同じく全長の短いTTに乗っていたので、感覚的にはさほど変化はないかなと。

ただ、切り返す量は減ったので、その意味で少し車庫入れしやすくなったかなと。

ただ、不思議なのはアウディQ2は小さい車というジャンルだと思うのですが、

アイポイントが高いせいか「大きな車に乗っている感覚」が少しあるんですよね。

運転してても車幅の感覚がイマイチつかみにくいというか。

って、そりゃ、TTに乗っていれば、そう思うでしょうけどねえ。苦笑

 

実際、こうして真正面から写真で見ると、大きな車に見えるでしょ?

でも、お店の駐車場とかに停めて、隣に大型セダンなんかが並ぶと小さく見えますね。

恐らく運転のしやすさは、今までの我が家の車の中でナンバー1なのですが、

乗った感じ大きい車に感じるという不思議なQ2。

もう少し乗ってみて、またレビューしたいと思います!